エイジングケア


エイジングケアは飲酒、喫煙をやめることから始まります。また、高コレステロール血症、高脂血症、高血圧症の治療もエイジングケアとなります。皮膚の エイジングケアは日焼けしないようにすることが重要です。エイジングケアでは加齢による下記の兆候が表れた時点で対策すれば加齢による体の変化を予防する ことができると考えられます。下記の項目についての対策(治療)をクリックすると治療のページを閲覧できます。


①顎直下付近から甲状軟骨への縦じわとくぼみ

顎直下を横切開し、たるんだ広頸筋を切除して、左右の広頸筋を中央で縫縮するとくぼみが取れます。

②上唇のしわ

唇に皮膚再生溶液2~3ml注射し、併せて5~10単位の”ボトックス注射”を完全に上唇が麻痺しないように注射する。唇の皮下組織を厚くしてしわを防止する。またフラクセル3デュアルでしわを取ることも出来ます。

※ボトックス注射の内容や金額についてはこちらをご確認下さい。

③おでこのしわ

皮膚再生溶液10~20mlを注射し、ボトックス注射を10~15単位うち、額にしわが寄らないようにする。皮下組織を厚くしてしわを防止するのが治療の原理です。

またフラクセル3デュアルでしわを取ることも出来ます。

※ボトックス注射の内容や金額についてはこちらをご確認下さい。

④顔の皮膚の菲薄化によるしわ

皮膚再生溶液を適切量注射すると皮下組織が厚くなり、皮膚のしわがなくなり、美肌になります。またフラクセル3デュアルでしわを取ることも出来ます。 

⑤眼瞼下垂

保険を使って眼瞼挙筋前転術を行い、余った皮膚を適切に切除します。

⑥眼瞼下垂のない上眼瞼の皮膚のあまりまたは弛み

上眼瞼の余った皮膚を適切に切除して、二重瞼を形成するか、眉下で余った皮膚を切除します。

⑦下眼瞼のしわ&たるみ

下眼瞼除皺術を行い、眼輪筋のつり上げを併せて行い、術後皮膚再生溶液を注射します。

⑧首のしわ

適切量の皮膚再生溶液を注射し、必要があれば、顎を含めたリフト術を行います。リフトの手術では切らないリフト、スプリングスレッドを用いてしわを除去することも出来ます

⑨禿頭

内科的な治療で増毛されることがあるので、まず、内服します。プラセンタを注射します(週1回)。髪の毛が薄い部分に皮膚再生溶液を適切量注射をします(2回くらいが目安)。

これに加えプラセンテックス(PDRN)を毎週1回注射すると(5回~10回)自毛が生えてきます。

⑩脂漏性角化症(盛り上がったほくろ状の皮膚)

手、足、首ではフラクセル3デュアルで治療します。顔は炭酸ガスレーザーで切除します。

⑪染み

フラクセル3デュアルで治療します。唇のほくろ様の染みはQアレックスが効果的です。

⑫乳房の下垂

適切な量の乳腺再生溶液を乳房の上の方に注射する方法が効果的です。乳腺の萎縮をともなう場合は豊胸用乳腺再生溶液も注入する。

⑬フェイスラインのたるみ

皮膚化組織が柔らかく、フェイスラインで皮膚が2~3㎝もフェイスライン方向に移動する場合はスプリングスレッドで皮膚の弛みをとります。ダウンタイムを気になさる方はサーマクールもよい適用になります。

⑭ほほ、口角のたるみ

スプリングスレッドでたるみは解消することができます。口角を挙げるにはボトックス注射も効果があります。

※ボトックス注射の内容や金額についてはこちらをご確認下さい。

⑮豊麗線の顕在化

まずは、乳腺再生溶液の注射が効果的ですが、頬の皮膚が水平方向に2-3cm移動する方はスプリングスレッドが効果的で、スプリングスレッドでリフトを行った後乳腺再生溶液注射を行うとさらに効果的です。乳腺再生溶液注射サーマクールの組み合わせも効果的です。

⑯頬のコケ

適切量の乳腺再生溶液を注射が効果的です。

⑰眉のたるみ(八の字)

眉上で余った皮膚を切る眉上リフトが効果的です。