日帰りででき、ダウンタイムのほぼないアクアフィリング、アクアリフト豊胸


料金


アクアフィリングのお値段は下の表のようになります。ただし、アクアフィリングまたはアクアリフトのどちらかをご自分で指定されたとき30,000円(税別)が加算されます。


アクアフィリング、アクアリフト豊胸で効果を1ヶ月保証します

ただし、注入物が全くなくなった場合で、医師の同意が必要です。

当日手術可能です。



診察料、麻酔代金、笑気麻酔、フルモニター、点滴代金を含みます。ただし、手術がお客様の都合で時間外に及ぶ場合、税別で麻酔代金(笑気を含む)の時間外加算として50,000円が増えます。薬代は約6,000円別にかかります。モニター価格(顔、ほくろなど個人を特定する特徴は削除されます)です。

手術 価格(税込)
アクアフィリングまたはアクアリフトを片側の胸に50グラム (両側で100グラム) 170,000
アクアフィリングまたはアクアリフトを片側の胸に100グラム (両側で200グラム) 340,000
アクアフィリングまたはアクアリフトを片側の胸に150グラム (両側で300グラム) 510,000
アクアフィリングまたはアクアリフトを片側の胸に200グラム (両側で400グラム) 680,000



新しい豊胸術


アクアリフトは先発品で、アクアフィリングが後発品となる成分が同一の軟組織皮膚充填剤です。これらはポリアミド(2~4%)と生理的塩化ナトリウム溶液(96~98%)で作られています。最近EUではこれらのアクアフィリングまたはアクアリフトで豊胸する症例が増加しておりアクアクアフィリングまたはアクアリフトでの豊胸後の乳房の感触はプルンプルンといった感じです。 大阪、東京から日帰りでも十分手術が可能で、多くの方が阪神、関東地方から施術に来院されます。


● アクアフィリング、アクアリフトがヒアルロン酸とどう違うか


ヒアルロン酸を使用した豊胸はすぐ吸収されてなくなるか、吸収されずにヒアルロン酸が残ると硬くなります。豊胸後の感触はヒアルロン酸より柔らかく、プルンプルンといった感じで、ヒアルロン酸のように固くなることはありません。

● アクアフィリングまたはアクアリフトは乳がん検査に問題を生じるか


アクアフィリングまたはアクアリフトではヒアルロン酸のようにゲルの移動、炎症、断片化 浸潤もありません。またPH3と非常に高品質です。フィラー成分にはカルシウム成分は入っていない為、乳がん検査時に特に支障はありません。

● アクアフィリング、アクアリフトと脂肪豊胸はどう違うか


脂肪豊胸では注入した脂肪の80%くらい残るといわれていますが、実際には30%くらいしか残りません。アクアフィリングまたはアクアリフトは注入後すぐにはなくなりません。また脂肪豊胸ではオイルシストが発生します。オイルシストは乳房外から丸く、硬く触れるしこりです。オイルシストが発生すると乳房の感触の質が著しく低下します。

● アクアフィリング、アクアリフトは除去できる


シリコンバッグの除去には手術が必要で、ヒアルロン酸はヒアルロニダーゼで消化されますが、完全には除去できません。アクアフィリング、アクアリフトは生理食塩水で洗浄すれば溶解されて(とけて)体外に排泄されます。

● アクアフィリングまたはアクアリフトの注入の傷は残らない


局所麻酔薬を使って麻酔後に図1Aに示すように腋窩(脇の下)から直径3mm、長さ25~30cmの針を使用します。

皮下組織を通して針先が乳腺の基底部、乳頭の真下まで達するように針を挿入します。

図2Aの赤い四角で囲んだところは針の刺入部です。図2Bに刺入部の拡大を示します。

皮膚割線に沿って皮膚を切開した後、切開部位を適切に縫合すると切開の傷が残らないように切開創が治癒することが知られています。

アクアフィリング、アクアリフト注入針を皮下に通すとき、皮膚割線に沿って3mmほど切開するので針の痕が残りません。

図3Aの赤い四角で囲んだところはアクアフィリングまたはアクアリフト注入針の刺入部です。

図3Bはアクアフィリング、アクアリフト注入針の抜去後の針の刺入のために切開した創部の拡大です。

図3Cはアクアフィリング、アクアリフト注入針の抜去後の針の刺入のために切開した創部の皮下縫合を示します。

糸の結び目が皮下に埋まってしまうように糸を結びます(図3D)。

この適切な皮下組織の縫合で図3Eに示すように切開創は閉鎖してしまい、皮膚縫合をする必要はありません。この傷は1週間で治ってしまいまったく傷跡は残りませんのでご安心ください。


アクアフィリング注入針の刺入方向
図1アクアフィリング注入針の刺入方向
針の刺入部位の拡大
図2A 針の刺入部位の拡大




図2 B 針の刺入部位の拡大
図2 B 針の刺入部位の拡大
皮膚割線と切開創の関係
図3 A 針の刺し入れ部位の拡大



皮膚割線と切開創の関係
図3 B 皮膚割線と切開創の関係
皮膚割線に沿った切開創での皮下縫合
図3 C 皮膚割線に沿った切開創での皮下縫合



皮下割線に沿った切開創での皮下縫合
での縫合糸の皮下組織への埋設
図3 D 皮下割線に沿った切開創での皮下縫合

での縫合糸の皮下組織への埋設
ア
図3 E 皮下割線に沿った切開創の皮膚縫合を

必要としない閉鎖


● 何故アクアフィリングまたはアクアリフト豊胸が安いか


アクアフィリングまたはアクアリフトゲルを安く仕入れているのでその分安くしています。また、乳腺再生豊胸のために皮膚を進展させるのに使用するので、お求めやすい価格にしています。

● どれくらいの量のアクアフィリング、アクアリフトでどれだけ乳房が大きくなるか


アクアフィリングまたはアクアリフト50グラムを注入すると1カップ乳房が大きくなります。100グラムのアクアフィリングまたはアクアリフトを注入すると約2カップ大きくなります。

● 1回のアクアフィリング豊胸でアクアフィリングをどれだけ注入できるか


一般に1回の処置ではアクアフィリングまたはアクアリフトを片側の胸に50~150グラム(両側で100~300グラム)注射します。アクアフィリングまたはアクアリフト200グラムを片側に注入する場合では2回に分けて注入するようにメーカーから推奨されています。

● アクアフィリング、アクアリフト豊胸はどれくらいで安定するか


1か月で注入したアクアフィリング、アクアリフトの周囲に1~2mmの線維性皮膜ができ、注入されたアクアフィリングが安定化します

● アクアフィリング、アクアリフト豊胸の持続期間は


アクアフィリング豊胸の持続時間ではアクアフィリングのメーカーは8年くらい持つといっております。

● アクアフィリング豊胸の合併症は


術後1~2週間注入部位の痛みを覚えますが、鎮痛剤服用で対応可能です。また、出血はほぼ見られませんが、術後には、抗生剤、止血剤、痛み止めの服用をお勧めします。また、痛みと同時に上肢を挙上できないこともありますが、鎮痛剤服用で軽快してゆきます。

乳腺再生豊胸は長くかかる場合があり、施術に使う金額も高くなりますのでひとまずアクアフィリング、アクアリフトで豊胸しておいて、ゆっくりと乳腺再生豊胸されることも一つの選択肢です。乳腺再生豊胸とアクアフィリング、アクアリフトは相性が良いのでアクアフィリング、アクアリフト豊胸後に乳腺再生豊胸することもでき、乳腺再生豊胸後にアクアフィリング、アクアリフト豊胸を行うこともできます。

アクア豊胸Q&A


HIP豊胸



アクア豊胸の施術動画