豊胸術

料金


乳腺再生豊胸4-2(成長因子添加あり) 価格
総量が100ml(成長因子濃度は乳腺再生豊胸4と同じで、片側なら50mlづつ注入できる) 税別230,000円

保証制度をご希望の方はご相談ください。


乳腺再生豊胸4(成長因子添加あり)総量 価格

総量が200ml(片側なら100mlづつ注入できる)

税別340,000円

詳しくは医師か看護師にお尋ねください。

胸整容に関しての保証はありません。注入量が片側100mlより少ない場合の価格はご相談ください

胸の形を整える(整容)場合

胸は十分大きいので乳房の垂れ防止など乳房の形を整えたい場合は整容用の注射をお勧めします。
この注射は乳腺再生医療を行い、乳腺組織および脂肪組織を形成させるものです。


注射した量のある割合では1カ月くらいで消えてしまいますが、その残りは自己の脂肪組織として残ります。

料金

乳腺再生豊胸4-2(成長因子添加あり) 価格
総量が100ml(成長因子濃度は乳腺再生豊胸4と同じで、片側なら50mlづつ注入できる) 税別230,000円

乳腺再生豊胸4(成長因子添加あり)総量 価格

総量が200ml(片側なら100mlづつ注入できる)

税別340,000円

胸整容に関しては保証はありません。注入量が片側50mlより少ない場合の価格はご相談ください


Aカップ→Cカップの成果を保証する安心保障プラン


乳腺再生豊胸を安心してご利用頂けるようAカップからCカップへ2カップ大きくならなかった場合半額でAカップからCカップになるように施術します。

乳腺再生豊胸は、施術により胸が大きくなってから小さくなってしまうような症例は一度もありませんので、自信を持ってこのような成果保証プランを実施することができます

豊胸後のしこりにお悩みの方にもお勧め、出産などで乳房がしぼんだ方にもお勧め

ヒアルロン酸、シリコンゲル、その被膜を摘出した後に乳腺再生豊胸で再度、豊胸することが可能です。


また、脂肪を使った豊胸で生じたしこりをとり、乳腺再生豊胸で再度、豊胸することも可能です。

また、しこりを残したままでも乳腺再生豊胸ができます。


シリコン摘出手術代金は400,000円(税別)です(大胸筋下法、乳腺下法に関係なく)。手術は乳輪を半周切開して行いますが、腋窩からの摘出の方はご相談ください。


ヒアルロン酸、シリコンゲル、脂肪による豊胸後の悩みのある方はご相談ください。


豊胸お悩み解決ナビ



特許取得しました。PCT(国際特許優先権)も取得し、外国にも特許申請中です。

いっさいの手術を必要としませんし、傷は残りません。
通常の例では3回の注射(1回あたり片側100ml、両側で200ml)で1カップの豊胸が得られます(通常2~3カップの増大効果があります。


この豊胸効果はヒアルロン酸などの異物による体積効果ではなく、通常の乳腺組織と脂肪組織などの乳腺および乳腺周囲組織が形成され、体積をもたらします。

CT、MRI、レントゲン、超音波断層法等の超音波検査で通常の組織と分別できません。

したがって、マンモグラフィーも可能です。

また、老化による乳房の体積減少などは通常の場合とおなじように見られますが、この注射による豊胸がもたらした体積効果は永続すると思われます。


感触も通常です。永年の患者様の願いである生まれついての豊かな胸と区別できない豊胸が可能になりました。

ヒアルロン酸、脂肪のように効果がなく、ヒアルロン酸が残留してできる組織化でしこりになることもありません。



豊胸についてのFAQ


アクアフィリング豊胸



豊胸用注射の価格(税別)

この注射は乳腺再生豊胸を行い、乳腺組織および脂肪組織を形成させるものです。

注射した量のある割合では1カ月くらいで消えてしまいますが、その残りは自己の脂肪組織として残ります。


したがって、再度注射する必要がある場合があり、1~2カップおおきくなる(たとえばAカップがBまたはCカップになる)のに3から5回の注入が必要です。

保証について

Aカップが計8回の注射でDカップになり、8回以上の注射で大きくならなかったことはありませんでしたが、計9回の注射で大きくならない場合はさらに低価格で注射します。

ただし、消耗性疾患にかかった方(インフルエンザ、ノロウイルスなど)、または、体力を消耗する仕事、趣味に従事してい る方は除き、数回に注射(支 払金額が1,000,000円:税別を超える場合)で効果がない場合はもう1~3回、1カップ大きくなるまで、1回150,000円(税別)で注射しま す。

乳腺再生豊胸の注意点について

注射後は注射部位に圧痛があるだけでヒアルロン酸注入のように皮膚が凸凹になったりしませんし、注射部位が硬くなったりしません。

まれに鎮痛剤を服用する方が見えます。
自己免疫疾患、妊婦、アレルギーなどがあると思われる方は施術前に医師に申し出てください。

合併症としては注射部位の出血と色素沈着です。
出血は最初、やや青く、1週間ほどで黄色くなる場合が多いと思われます。色素沈着はトラネキサム酸服用で消失します。
と思われる方は施術前に医師に申し出てください。

合併症としては注射部位の出血と色素沈着です。

出血は最初はやや青く、1週間ほどで黄色くなる場合が多いと思われます。色素沈着はトラネキサム酸服用で消失します。

乳腺再生豊胸での副作用について

約10年前から乳腺再生豊胸を始め、現在約200例に施術を行いましたが、特に大きな副作用はありませんでした。

感染症は1例もありませんでした。
乳腺再生豊胸ではしこりはできませんし、凸凹もできません。
乳腺再生豊胸を繰り返さないとそれほど過剰に胸が大きくなりません。
乳腺再生豊胸では乳腺が成長し続けるけるためには成長因子を投与し続ける必要はありません。
乳腺再生豊胸の約200例では、一度で発達した乳腺がなくなった例はありません。

約200例中2例では乳腺再生豊胸後にある薬剤を大量に使用して、期待した豊胸効果より2カップ大きくなりました。ここでその薬剤名はいろいろ差しさわりがあるので公表できませんが、その薬剤を使用しなければ大きくなりすぎることはありません。乳腺再生豊胸を受けられるときにその薬剤を使用しない様に申し上げています。

術後の注意

  • ・術後に体重減量すると効果がありませんので、術後は肉を300g/日とるか、市販されているプロテインを摂取してください。 また、豊胸効果のあるサプリはその含有物について保証ができかねますので、服用せず医師にお尋ねください。
  • ・1週間飲酒をご遠慮ください。
  • ・体重が増えないようにするには炭水化物を(米、うどん、パン、ケーキ)などを減らして、タンパク質と脂肪中心の食事をとってください。
    カロリーはチェックするようにしてください。
  • ・術当日は胸はマッサージしないでください。
  • ・1週間は胸の形を整えるためにワイヤー入りのブラジャーを常時着用してください。
  • ・喫煙、アルコール摂取、ダイエット、ランニングなどの消耗性の運動、体力を消耗する仕事、上肢を使う仕事(エステ従業など)は避けてください