症例301 乳房再生豊胸溶液10によるシリコンバッグ豊胸からの乗り換え


58歳、女性、15年前にシリコンジェルバッグを留置した。10日前から左乳房が赤く腫れてき都とのことです。シリコンバッグの破損と診断してシリコンジェルバッグを摘出したのち乳房再生豊胸溶液10、総量200mlで豊胸を行うことにしました。

限定解除掲載条件
乳房再生豊胸溶液の調整
 お客様から採血し、血漿を分離する。国産の線維芽細胞成長因子溶液および国産の脂肪乳剤をこの血漿に加えて乳房再生豊胸溶液を調整します。
施術
 笑気ガス吸入下に乳房に22ゲージ注射針で乳房再生豊胸溶液を注入します。
料金
 乳房再生豊胸溶液10を片側50mlから100ml注入する料金は税込みで408,000円で、乳房再生豊胸溶液10を片側100ml注入する料金は845,640円。
リスク
卵アレルギーのある方ではアナフラキシーショックで死亡する可能性がありますので施術を受けられません。
副作用
乳房再生豊胸の副作用は、乳房の色素沈着や赤み、かゆみで1%前後の頻度でみられます。乳房再生豊胸後に迷走神経反射と思われる胃の痛みや吐き気が1~数%の頻度で認められます。


Before:図1.シリコン摘出前の胸部の外観

15年前にシリコンジェルバッグを留置した。10日前から左乳房が赤く腫れてきたとのことです。シリコンバッグの破損と診断してシリコンジェルバッグを摘出したのち乳房再生豊胸溶液10、総量200mlで豊胸を行うことにしました。図はシリコン摘出前の乳房の外観です。トップバスト85㎝、アンダーバスト68㎝でした。その結果、トップバストとアンダーバストの差は17㎝で、ブラジャーサイズはほぼDカップと診断しました。


矢印



After:図2.シリコン摘出後の胸部の外観

摘出術1週間で胸部の圧迫をとった後の胸部の外観です。
トップバスト77㎝、アンダーバスト68㎝でした。その結果、トップバストとアンダーバストの差は9㎝で、ブラジャーサイズはほぼAA~Aカップと診断しました。胸囲測定後に乳房再生豊胸溶液10、総量200mlで豊胸を行いました。


After:図3.1回目豊胸後2か月での乳房の外観

図は1回目豊胸後2か月での乳房の外観です。体重は3㎏減少していました。トップバスト78.0㎝、アンダーバスト65.5㎝でした。その結果、トップバストとアンダーバストの差は12.5㎝で、ブラジャーサイズはほぼBカップと診断しました。1回の乳房再生豊胸溶液10、総量200mlで3.5㎝の豊胸効果がありました。食事制限により体重が3㎏減少していても豊胸効果が観られたことは乳房再生豊胸溶液5とは大きな違いと考えられました。胸囲測定後2回目の乳房再生豊胸を行いました。乳房再生豊胸溶液は溶液10、総量100mlを使用しました。


After:図4.2回目の乳房再生豊胸後の乳房外観

2回目の乳房再生豊胸溶液は溶液10、総量100mlで豊胸後1か月での乳房外観です。体重減少はなく、トップバスト80.0㎝、アンダーバスト65.5㎝でした。その結果、トップバストとアンダーバストの差は14.5㎝で、ブラジャーサイズはほぼCカップと診断しました。
乳房再生豊胸溶液10、総量100でも2.0㎝の豊胸効果がありました。この乳房再生豊胸溶液10の総量100mlの豊胸効果は乳房再生豊胸溶液5の総量200mlの効果を上回りました。