流行りの”切らない豊胸手術”のメリットと特徴とは

切らなくてもバストアップできる手術とは

豊胸手術に興味がある人も多いでしょう。
しかし、中には切る手術が怖いと感じ、決断できない人も少なくありません。
切る手術が怖いという人は、切らない豊胸手術を検討してみてはいかがでしょうか。
切らない豊胸手術のメリットは手軽だという点です。
ヒアルロン酸を注入することで、胸の形やサイズアップできるといった特徴があります。
ヒアルロン酸は液体です。
そのため、注入する量を調整することができ、好みのバストラインになるように注入していきます。
例えば、胸のサイズアップだけでなく左右で異なる胸の形を一緒にし、谷間やデコルテも作れるといことも特徴の一つです。
また、切らないためダウンタイムの期間も短いです。
手術時間は片側5分程度であるため、短時間で手術が終えることもメリットとして挙げられるでしょう。
仕上がりに個人差があるため、理解した上でヒアルロン酸を注入してください。

綺麗なバストラインを意識しよう

ヒアルロン酸以外に、乳房再生豊胸溶液を注入する方法もあります。
個人差がありますが、ヒアルロン酸よりも柔らかい仕上がりになるのが特徴です。
切らない豊胸手術を始める前に行うことがあります。
それは、綺麗なバストラインにするために黄金比を決めることです。
胸は大きければいいというわけではなく、綺麗なバストラインを考えることが大切です。
鎖骨の中心からバストトップまでと、左右のバストトップを結んだ三角形が正三角形になるのがバストラインの黄金比になります。
また、バストトップがデコルテと肘の真ん中にあることも綺麗なバストにするポイントです。
このような黄金比を考えながらヒアルロン酸や乳房再生豊胸溶液を注入していきます。
さらに横、斜めからなど様々な方向から見ても綺麗なバストラインになるように注入していかなければなりません。
単にバストアップするだけで良いという人も、左右に差が出ないように注意し、どの方向から見ても綺麗に見えるように注入していきます。
このように切らない豊胸手術には様々な特徴があります。
切る手術が怖いという人は、切らない豊胸手術を検討してみてください。