豊胸のよくある失敗を学んで予防しよう

豊胸手術の失敗を知ろう

これから豊胸手術を受けようと検討している人の中には、失敗しないかどうか不安に思っている人もいるのではないでしょうか。
医療の発達、技術の向上により胸手術を受けることができますが、必ず失敗はしないというわけではありません。
そのため、失敗を学んで予防することが大切です。
豊胸手術でよくある失敗の一つに、しこりができることが挙げられます。
しこりができる可能性があるのは、ヒアルロン酸やアクアフィリングを注入する豊胸手術です。
また、脂肪をまとめて一箇所に注入し大量に注入するとしこりだけでなく、脂肪が硬く固まってしまう失敗例があります。
シリコンバッグも劣化すると卵殻状に石灰化するリスクもあるため注意しなければなりません。
バストの形が変形するといった失敗もよく発生します。
原因は、しこり、石灰化です。
中には、シリコンバッグが原因で炎症を発生し、バストの形が変形することがあります。
現在のシリコンバッグは身体に害のない素材が使われていますが、バッグが破けると炎症を起こし皮膚を突き破る可能性があります。

異物感と心理的負担

バストの感触が硬い、異物感があるという失敗もあります。
柔らかい素材は脂肪注入、シリコンバッグ、アクアフィリング、ヒアルロン酸の順ですが、医師の技術によって硬くなり、異物感が残ることがあるのです。
また、皮下脂肪が少ない人がシリコンバッグを入れるとバッグの感触がわかり、波打つ感触を感じることがあるため、肌質や脂肪、乳腺の適正チェックを行って、予防しなければなりません。
感触だけでなく異物が入っているという心理的負担に悩まされる人もいます。
異物感による心理的負担から抑うつ状態になる人もいるため、注意が必要です。
このように豊胸手術にはそれぞれ特徴があり、失敗するリスクがあります。
失敗するリスクを回避するためには、技術や経験のある医師を選び自分に合った手術を受けるなどの予防をすることが大切です。
不安なことがあれば医師に相談し、納得できる方法で豊胸手術を受けましょう。