皮膚再生溶液によるしわたるみ治療

 

ヒアルロン酸に替わる皮膚再生医療とは?

皮膚再生注射はヒアルロン酸に替わる治療法で、皮下組織増加血漿(皮膚再生医療)を利用したPRP(多血小板療法)を超えた最新の再生医療です。皮膚再生医療は患者さまの血液から血漿を取り出して、FGFなどを加えて加工して使用します。皮膚再生医療はPRPと違い半年後に注射部位が急にふくらんだり、硬くなったりすることがなく、皮膚直下の皮下組織にも注射ができます。一方、PRPは皮下組織深部にしか注射できません

皮膚再生医療部位と注射量の概略

 皮膚再生注射と言われても解らない方が多いと思います。皮膚のしわを取る注射器に入った医薬品をフィラー(filler)と呼びます。フィラーにはヒアルロン酸、コラーゲン、ポリアクリルアミド、ポリアキルアミド、PRPなどがあります。ヒアルロン酸、コラーゲン、ポリアクリルアミド、ポリアキルアミドは注射する部位により皮膚壊死が起きることがあります。また、 PRPは皮膚壊死を起こしませんが、注射した部位が固くなることがありますので皮膚表面には注射できません。
またPRPでは注射後の再膨張があり、形成される組織量をコントロールすることができません。ヒアルロン酸は有名で、今更に説明が要らないと思いますが、注射したヒアルロン酸は1~6か月で消失してしまいます。注射したヒアルロン酸が消失しない場合は組織化されるか、異物として残ってしまいます。

 

図1Aほうれい線の皮膚再生注射 図1Bほうれい線の皮膚再生注射図1Cほうれい線の皮膚再生注射

ここでは皮膚再生注射をどのように使用して、どのような効果が出るか図で説明します。
図1Aは皮膚再生注射を行う部位を示しています。ほうれい線、額や眼の下のしわ、ゴルゴライン、水疱瘡のあとのへこみ、ニキビの後のへこみ、ケガの後のへこみの修正に使用します。図1Bに示したように皮下組織の真皮近くに注射できます。皮膚の壊死を避けるためにPRP、コラーゲン、ポリアクリルアミド、ポリアキルアミドを使用する場合では皮膚の深いところだけにしか注射できません。これが皮膚再生注射と大きく異なります。図1Cで示すように注射された皮膚再生注射溶液は1~2週間以内に新しい組織として定着します。

 

実際、ほうれい線、目の下のたるみを治療する場合では一般的にどれくらいに皮膚再生注射が必要であるかを図で説明します。

 

図2Aほうれい線の皮膚再生注射PrintPrint

 

図2Aにしめしたようにほうれい線の1/3を治療する場合では片側1mlの皮膚再生注射が必要です。両側では2mlとなりますが、この量はおおよそで、1mlくらい量が増えたりします。施術費用は税込みで76,680円くらいです。一時的にほうれい線をできなくするのにボトックスの注射を併用すると税込みで10,800円かかります。

 

図2Bにしめしたようにほうれい線の2/3を治療する場合では片側2mlの皮膚再生注射が必要です。両側では4mlとなりますが、この量はおおよそで、1mlくらい量が増えたりします。施術費用は税込みで119,8880円くらいです。一時的にほうれい線をできなくするのにボトックスの注射を併用すると税込みで10,800円かかります。

 

図2Cにしめしたようにほうれい線の全体を治療する場合では片側3mlの皮膚再生注射が必要です。両側では6mlとなりますが、この量はおおよそで、1mlくらい量が増えたりします。施術費用は税込みで163,080円くらいです。一時的にほうれい線をできなくするのにボトックスの注射を併用すると税込みで10,800円かかります。

 

次に目の周囲のへこみ、たるみに対する皮膚再生注射について説明します。へこみ、しわを1回の皮膚再生注射で是正することができますが、腫れたりしますので、ここでは3回に分け、腫れないように治療する方法を示します。まず、図3Aに眼の周囲のしわ、へこみを➀~➃に示します。

眼の下のへこみ、しわを1回の皮膚再生注射で是正することができますが、腫れたりしますので、ここでは3回に分け、3か月に一度の割合で腫れないように治療する方法を示します。図4Aから図6Bまで一度に治療するとしわ、へこみであったところが腫れて見えるというダウンタイムがあり、それを気になさる方が結構みえます。また、この眼の下のしわ、へこみは目を細めたり、笑ったりして眼輪筋が収縮すると発生しますので、ボトックスの注射を併用してそれを防ぐことが多いです。

段階的な眼の下のしわ、へこみの治療は通常、眼から遠いところから始めますが・、お客様のリクエストにより、眼に近いしわ、へこみから治療することもあります。

 図3A眼の下皮膚再生注射図3B眼周囲の皮膚再生注射

 図4A眼の下のたるみ 図4B眼の下のたるみ
 

図4Aの矢印部分に片側1mlの皮膚再生注射を行い、へこみを消し、しわが見えないように皮下組織作ります。図4Bのようにしわ、へこみが改善されます。この治療の価格は税込みで76,680円くらいですが、ボトックスの注射を併用すると税込みで10,800円が増えます。

図5A眼の下のたるみ 図5B眼の下のたるみ

図5Aの矢印部分に片側1mlの皮膚再生注射を行い、へこみを消し、しわが見えないように皮下組織作ります。図5Bのようにしわ、へこみが改善されます。この治療の価格は税込みで76,680円くらいですが、ボトックスの注射を併用すると税込みで10,800円が増えます。

図6A眼の下のたるみ 図6AB眼の下のたるみ

図6Aの矢印部分で示したように眼の周囲のしわ、へこみは眼じりの方まで存在するので3回眼の皮膚再生注射は片側1mlくらい必要になり、皮膚再生注射を行うと図6Bのようにしわ、へこみが改善されます。この治療の価格は税込みで76,680円くらいですが、ボトックスの注射を併用すると税込みで10,800円が増えます。

ここで、3回に分けて眼の下のしわ、へこみをとる場合を説明しましたが、1回の治療、2回の治療と分けることも可能です。眼の下のしわ、へこみ、徐々にではなく、一回に治療で治療した場合では片側2ml、両側で4mlの皮膚再生注射を行うと、税込みで119,880円ですが、ボトックスの注射を併用すると税込みで10,800円かかります。これは図5Aの状態から図6Bのしわ、へこみのない状態にする場合に相当します。
 また、片側3ml、両側で6mlの皮膚再生注射を一回で行うと、税込みで163,080円ですが、ボトックスの注射を併用すると税込みで10,800円かかります。これは図4Aの状態から図6Bのしわ、へこみのない状態にする場合に相当します。

皮膚再生医療の価格

血液の分離法により液体状のものとゲル状のものがあり、それぞれに成長因子の濃度を変えたものがあります。

皮膚再生医療の種類 価格(円/ml):税別
液状皮膚再生溶液(通常濃度成長因子添加) 20,000
液状皮膚再生溶液(高濃度成長因子添加) 30,000
液状皮膚再生溶液(最高濃度成長因子添加) 40,000
ゲル状皮膚再生溶液(通常濃度成長因子添加) 25,000
ゲル状皮膚再生溶液(高濃度成長因子添加) 35,000
ゲル状皮膚再生溶液(最高濃度成長因子添加) 50,000
皮膚再生溶液作成料 20,000

皮膚再生溶液を注射する場合には別途に注射手技料がかかります。

皮膚再生医療部位と注射量の例

下記の見積もりは一般的なものですから料金の参考にしてください。特殊な場合は注入量は当然変りますのでご注意ください。例を挙げます。参考にしてください。

 例1)ほうれい線、または目の下に皮膚再生溶液を2ml注入した場合

内容 価格(円/ml):税別
初診料   3,000
皮膚再生溶液料金 2ml 40,000
皮膚再生注射作成料 20,000
麻酔クリーム 6,000
薬代 2,000
消費税 5,680
総計 76,680

 

例2)ほうれい線、または目の下に皮膚再生溶液を4ml注入した場合の金額

内容 価格(円/ml):税別
初診料   3,000
皮膚再生溶液料金 4ml 80,000
皮膚再生注射作成料 20,000
麻酔クリーム 6,000
薬代 2,000
消費税 7,280
総計 119,880

 

例3)ほうれい線、または目の下に皮膚再生溶液を6ml注入した場合の金額

内容 価格(円/ml):税別
初診料   3,000
皮膚再生溶液料金 6ml 120,000
皮膚再生注射作成料 20,000
麻酔クリーム 6,000
薬代 2,000
消費税 9,600
総計 163,080

※上記はあくまで目安ですのでご留意ください

皮膚再生医療とヒアルロン酸との違い

皮膚再生医療とヒアルロン酸との違いを表にまとめました

  皮膚再生医療 ヒアルロン酸
価格 当院は1mlが成長因子入りで20,000円から 1mlが40,000円~60,000円が相場です。
性能 成長因子入りもあり、効果持続は3年から10年以上である。自己組織になるのでヒアルロン酸の組織化などの副作用はない。 効果は1~3か月くらいで効果がなくなる。効果が残る場合はヒアルロン酸の組織化が起きている。ヒアルロン酸の組織化により注射部位が凸凹になり、その副作用は永続する。
副作用 特にない。自己組織になるので皮膚再生医療、ヒアルロン酸の組織化などの副作用はない。 ヒアルロン酸の組織化のほかにヒアルロン酸が血管に入るとその血管の栄養領域の皮膚の萎縮、壊死がおきる。
経済性 注射した皮膚再生溶液は無くならないので費用対効果が高い(注射した量の30%前後が残りますが、タンパク質を摂らないことや、喫煙、飲酒で注射した量の10%くらいしか残らないことがあります。) 注射したヒアルロン酸はなくなってしまうので絶えず打ち続けなければならないが、なくならなければ組織化されるので液体シリコンを注入したように表情筋とともに変化せず顔に異物が入っているように見えてしまう。
 豊胸にヒアルロン酸を使うと、ヒアルロン酸は1日くらいでほとんどなくなってしまうが、無くならなかったヒアルロン酸は組織化され、組織化されたヒアルロン酸で乳房が硬くなるので要注意です。

皮膚再生医療の種類とその他の再生医療

血漿の分離法により液体状のものとゲル状のものの2種類あります。また、膣再生注射、毛根再生注射、乳腺再生豊胸注射に使うものはさらに修飾を加えてありますが、詳細についてはここでは非公開とさせていただきます。
乳腺再生豊胸はその他の用途と比べて10~20分の1の価格に設定してありますが、これは正規の料金にすると一回の処置が約200万円となってしまい。経済的に豊胸が困難になるからです。

皮膚再生溶液を注射した後のいろいろな疑問

皮膚再生溶液を注射したところはやや腫れて、やや熱感があり、押さえると痛い感じがします。
これは皮膚再生溶液を注射した部位に組織新生が生じたためで皮膚再生医療後の通常の反応です。

また、注射された皮膚再生溶液は1週間ぐらいから1か月ぐらいで注射した量の約3割から7割が残ります。

目の下、上まぶたに注射した場合は腫れが続くことがありますが3か月くらいで腫れが引いて問題がなくなります。
心配なら内服や注射で皮膚再生医療の効果を減少させ、腫れを引かせることができます。

効果

1~2回の注入が必要です。効果は2~3年以上あると思われます。2回目注入で1回目の注入時の補正を行います。現在3年経過しても効果が持続している方ばかりです。注入したあと、皮下組織と一体になり、数年から10年くらいでもある程度は存続すると考えられます。

注射の可能な部位

眼球など除いてからだのほとんどの部位に注入できます。例えば女性性器、鼻、歯茎に注入できます。

  注射量 備考
目の下のたるみ 4~6ml 2~3回に分けるとダウンタイムが少ない
隆鼻 1ml レディエッセ注射後
ゲル状皮膚再生溶液がお勧めです
目の上のくぼみ 2~4ml 液状皮膚再生溶液がお勧めです
頬の痩せ 10~20ml 液状皮膚再生溶液がお勧めです
オデコの痩せ 4~20ml 液状皮膚再生溶液がお勧めです
ほうれい線の改善 4~6ml 液状皮膚再生溶液がお勧め
スブリングスレッドと併用すると効果的です
マリオネットライン 2~4ml 打ち過ぎないように注意
頚の皺 10~20ml 液状皮膚再生溶液がお勧めです
胸のたるみ 10~50ml 液状乳腺再生溶液がお勧めです
手の甲の皺 10~20ml 液状皮膚再生溶液がお勧めです
足の静脈拡張(長さ3cmあたり) 1~2ml 液状皮膚再生溶液がお勧めです
膣再生注射 10~16ml/回 ゲル状皮膚再生溶液がお勧めで、3回の施術を要します
膣周囲 10~20ml 液状皮膚再生溶液がお勧めです
頭髪の増毛効果 20ml 毛根再生注射がお勧め
歯茎(1歯茎) 1 ml 液状皮膚再生溶液がお勧めです
皮膚のたるみ 顔全体で20ml
(額4ml、こめかみ4ml、
眼の下3ml、ほうれい線4ml、
頬4ml、顎1ml)
スプリングスレッド、サーマクールと併用すると効果的です

皮膚の老化に皮膚再生医療が効く

老化すると皮膚、皮膚皮下組織がうすくなり、この皮膚の薄くなる現象は頭皮をも含めて起きるので頭皮から離れれば離れるほど皮膚がたるみます。

また皮下のコラーゲン組織が薄くなりますからビタミンCによる抗酸化作用が減弱します。

皮膚再生溶液の注射は皮下組織を厚くして、弛み、シミ、肌触りを改善します。

<<皮膚再生治療の詳細はこちら>>