診療方針

治療方針

美容を身近なものとしてこれからの超高齢社会をきれいな老人として過ごすために低価格で安心な美容を実証のともなう治療として厳選し、提供します。

高度に機械化した診療環境で人員の合理化などの経営的努力を行い、低価格で安心、良質な美容を提供します。


また、通院回数を減らし患者様の物理的、経済的負担も軽減するように努力しております。

初診の場合の治療の流れについて

1.初診

問題点をご自分で述べていただき、さらに問題点を正確に把握するために看護師または医師、場合により事務員が問診を行います。

矢印


2.問診

現在の悩み、治療に対してのご希望などをお伺いします(主に女性看護師か、事務員がお聞きします)。

矢印


3.カウンセリング

何がしたいか、明確になっていない場合はそれを明確にするように医師が患者様と話し合います。目的が決まれば、提供できる治療のオプションをお話しして金額などあらかじめお話します。

矢印


4.治療計画の立案

計画の立案は医師・看護師、事務員とともに行います。看護師、事務員は医師と患者様の間に立ち医師・患者様の意志の疎通を促すことに留意します。
医師に聞きにくいことでも看護師に聞いていただくようにと考えております。

矢印


5.治療

時に痛みを伴う治療は時間がかかることがありますので、なるだけ患者様の希望に沿うように時間的なことは配慮します。