豊胸術

豊胸お悩み解決ナビ

 

 

従来の豊胸の歴史と問題点について

 

 

 

アクアフィリング豊胸

 

 

修正豊胸

 

 シリコンゲルバッグ(シリコンジェルバッグ)豊胸、アクティブゲルおよびアクアフィリング豊胸(以下「アクア豊胸」)、脂肪豊胸、ヒアルロン酸豊胸だけでは満足した結果が得られない場合、乳腺再生豊胸をおこない、満足度の高い豊胸を達成しようとするものです。シリコンゲルバッグ豊胸、アクア豊胸は術後すぐにボリュームが出て、術後あまり、減少することがありません。しかし、豊胸後に乳房の形がいびつに感じたり、乳房の感触が固く感じるなどの短所があります。当クリニックでは他の豊胸を行った後に、そのデメリットを改善するために行う豊胸を修正豊胸と呼んでいます。

 

 

修正豊胸のツールとして効果が消失してしまわない乳房再生豊胸

 

 

 

 乳房の形を修正するには乳房へのヒアルロン酸や脂肪細胞注入、乳房再生豊胸があります。乳房へのヒアルロン酸注入は注入したヒアルロン酸が硬くなったり、消えてしまったりするデメリットの多い施術です。脂肪細胞注入も施術後に注入した細胞が消失しまうことが多いのが現実です。しかし、乳房再生豊胸では乳房再生豊胸溶液が施術後に全く無くなってしまうことはありません。さらに、乳房再生豊胸による修正豊胸は他の豊胸術のデメリットを改善し、解決することができます。脂肪豊胸は2~3回、施術を繰り返せば豊胸に成功するのでしょうか?皮膚の余剰のない乳房やクーパー靭帯が伸びていない乳房では注入した脂肪細胞の定着率は低く、一度の脂肪細胞注入で脂肪豊胸が成功する可能性はかなり低いと考えられます。脂肪細胞注入による乳房の修正では脂肪豊胸の効果が明確に発揮されないので、被施術者(お客様)がかなりの肉体的、精神的、経済的負担を感じます。乳房再生豊胸は施術後に膨らんだ乳房の体積が減少しますが、1回から2回の乳房再生豊胸の施術で修正効果が出ます。乳房再生豊胸では脂肪豊胸のように施術後に施術効果がかなり消失するというデメリットがなく、その施術は簡単な鎮痛処置で注射により何回でも繰り返し行え、お客様への肉体的負担が最も少ない豊胸方法です。また、アクア豊胸でアクティブゲル、アクアフィリング(以下「アクア」)が時間とともに減少し、乳房に少し張りがなくなったと感じたら、乳房再生豊胸の施術を受ければすぐに弾力のある乳房を取り戻せます。

 

 

シリコンゲルバッグ豊胸、ヒアルロン酸豊胸、アクア豊胸での修正豊胸の必要性

 

 たしかにシリコンゲルバッグ豊胸では豊胸した乳房が小さくなることはないのですが、ヒアルロン酸豊胸、アクア豊胸では胸が萎(しぼ)んでしまうことがあります。ヒアルロン酸豊胸ではヒアルロン酸の種類により豊胸効果が無くなることがあります。アクア豊胸では粗悪品のアクアフィリングを使用してしまい、2週間以内に注入したアクアフィリングがなくなった例があります。また、アクア豊胸後に大胸筋を使う筋トレ、水泳、労働、舞踊では大胸筋と乳腺にアクアが挟まれて、大胸筋が頻回に収縮するととで、揉まれたアクアが、断片化しやすいと考えられます。このようば場合に乳房再生豊胸をおこなうと乳腺後脂肪組織が増加して、大胸筋と乳腺に挟まれるアクアに対してクッション材となり、アクアが揉まれて、断片化することを防ぐと考えられます。このような場合以外にもシリコンゲルバッグ豊胸、ヒアルロン酸豊胸、アクア豊胸では胸の形がいびつ(歪)になったり、挿入または注入した材料が乳房外から固く触知されることがあります。乳房再生豊胸による修正豊胸がこれらのデメリットを解決します。ヒアルロン酸豊胸、シリコンゲルバッグ豊胸、アクア豊胸、脂肪豊胸後に乳房再生豊胸を利用した修正豊胸を行うことで他の豊胸術によるデメリットで悩むお客様の精神的負担を軽減します。

 

 

修正豊胸は他の豊胸術のデメリットである外形的な問題を緩和

 

 図1はシリコンゲルバッグ豊胸、アクア豊胸、脂肪豊胸後などの豊胸後の乳房のイメージ図です。この図の矢印で示した乳房下端、外側、内側の乳房は手術によっても乳房の形が悪くなってしまうことが少なくありません。そのため乳輪が乳房の中央より下方についているように見えてしまいます。手術で乳房下縁を下の方に移動させずに乳輪から乳房下縁の皮膚を進展させるとその部位の皮下組織が薄くなり、特にシリコンジェルバッグ豊胸ではシリコンゲルバッグを乳房外から硬く触れるようになります。 脂肪豊胸ではこの矢印で示した部位に丁寧にかつ密度を高く脂肪細胞を移植しても1回の皮下組織を伸ばすには限界があります。また、移植した脂肪細胞の定着率が高くない(全体で30%以下)ので、この矢印で示した部位の皮膚の伸びがあまり期待できません。 ヒアルロン酸豊胸ではこの矢印で示した部位にヒアルロン酸を入れて皮膚を進展させれば、これらの部位の皮下組織が薄くなり、ヒアルロン酸を乳房外から硬く触れるようになります。 アクア豊胸では適切な量のアクアを入れて、うまく施術してもらえばこの図1の矢印で示す乳房下端、外側、内側の乳房の進展が良くなり、この図2のようになりません。しかし、2カップより大きい豊胸効果を出すためや、形を整えるために不適切に多量のアクアを入れてしまうことがあります。この結果、乳房皮膚を無理矢理引き伸ばされて、これらの部位の皮下組織が薄くなり、アクアを乳房外から硬く触れるようになります。

 

図 ハイブリッド前イメージ図 ハイブリッド豊胸のデザイン

 図1の矢印で示した乳房下端、外側、内側の乳房の皮膚の進展が良くない場合には、図2に示す部位に乳房再生豊胸注射を行います。乳房再生豊胸では注射部位が一時的に赤くなりますが、トランサミンの服用で軽快します。その後、乳房再生豊胸を用いた修正豊胸では、図3に示すように乳腺再生豊胸注射後1~3週間は何となく乳房再生豊胸注射をした部位がわかりますが、1~3か月後には図4に示すように全く分からなくなります。このようなイメージでシリコン豊胸、アクア豊胸、脂肪豊胸後の乳房の形や、乳房の固い感触を修正することができます。

 

 脂肪豊胸後の問題点について乳房再生豊胸がどのように解決するかを説明します。図5に示したのは脂肪豊胸後の乳房のイメージです。移植された脂肪細胞が十分定着せず、しこりであるオイルシストなどが形成されてしまい、オイルシストが乳房外から固く触れてしまいます。

 

図6脂肪豊胸後のハイブリッド豊胸

 図6はこのような脂肪豊胸の術後状態の乳房に乳房再生豊胸注射を行った結果のイメージです。図6ではオイルシストが消失したり、増加した脂肪で硬く触れたオイルシストが触れなくなったりします。乳房の脂肪組織も増加し、乳腺組織も拡大し、クーパー靭帯も太く強くなります。その結果、大きくなった乳房は形も崩れず、下垂しないようになります。乳房再生豊胸では乳房再生豊胸溶液注射を行う部位を選ぶことで、乳房の形をある程度デザインできます。

 

 

シリコンゲルバッグやリッピングの触知を修正豊胸で緩和

 

 シリコンゲルバッグ豊胸では、乳房下縁の皮下組織が薄くなり、シリコンが乳房外から固く触るということがしばしば見受けられます。これは乳房下縁だけではなく、乳房内側でも見受けられるデメリットな現象です。この状態を図7に示しています。図7の乳房下縁で破線で丸く囲ったところがそれに当たります。

 

 シリコンゲルバッグ豊胸後にシリコンが固く触るところに乳房再生豊胸注射を1~2回行うと、図8の矢印で示したように乳房下縁の皮下組織・皮下脂肪組織が増加します。これと同じことを脂肪細胞移植で試みても、移植脂肪細胞(脂肪豊胸)の生着率が30%程度以下なので、脂肪豊胸を何回も行う必要があり、経済的、肉体的、精神的負担が乳房再生豊胸よりもかなり大きくなります。

 

 

ヒアルロン酸豊胸により硬くなった乳腺組織は修正豊胸で緩和

 

 乳房再生豊胸はヒアルロン酸豊胸で硬くなった乳腺組織を柔らかくするとともにヒアルロン酸も減少させる効果があります。図9にヒアルロン酸豊胸後の乳房を示します。ヒアルロン酸豊胸により乳腺組織が硬くなる原因は注入されたヒアルロン酸が乳腺組織に入り込み、ヒアルロン酸の含有する水分が乳腺組織に吸収され、ヒアルロン酸自体が固くなるためと考えられます。

 

図9ヒアルロン酸豊胸後の乳腺図10ヒアルロン酸豊胸後ハイブリッド豊胸

 ヒアルロン酸豊胸後に乳房再生豊胸を施術すると図10のような乳房になります。乳房再生豊胸注射は液状なのでヒアルロン酸が入り込んだ乳腺組織に浸透して行きます。乳房再生豊胸注射にはトラフェナミン®(basic-FGF)、イントラリポス®が含まれており、乳腺周囲組織の再構築が起こります。この時にヒアルロン酸が分解されると考えられます。分解されたヒアルロン酸に替わり、脂肪組織が生成され、乳腺組織も拡大します。これによりヒアルロン酸豊胸後に乳房外から固く触られた乳腺組織はヒアルロン酸の減少、脂肪組織の増大、乳腺脂肪組織の拡大により乳房の感触が柔らかくなります。

 

 

アクア豊胸で表面から触知できるしこりは修正豊胸で緩和

 

 アクア豊胸形成されたしこりは乳腺再生豊胸を行うことで治せます。この豊胸ではアクア豊胸で図11のように皮下組織が引き伸ばされ、注入されたアクアを“しこり”として触ります。注入したの量が多い場合や皮下に近くアクアを注入してしまった場合に“しこり”が発生します。

 

図11アクア豊胸後の乳房図12アクア豊胸後のハイブリッド豊胸

 このような状態に乳房再生豊胸注射を行うことで、図12のように乳腺の皮下脂肪組織が増え、しこりが触らなくなります。乳房表面にアクア豊胸を施術され、乳房外からしこりとして蝕知される場合はこれを解消できるのは乳房再生豊胸しかありません。乳房再生豊胸は乳房外から触れるアクア豊胸の硬さのデメリットを緩和します。また、アクア豊胸の欠点の一つであるデザイン性に融通性が少ない点も乳房再生豊胸注射による修正豊胸で解消できます。ハイブリッド豊胸としてアクア豊胸と乳腺再生豊胸を組み合わせると2~3回の乳房再生豊胸注射でバストサイズもブラジャーサイズで2カップほど大きくなり、形も整えることができます。

 

 

ハイブリッド豊胸について

 

 

アクアフィリング豊胸

 

 

 

乳房再生豊胸による修正豊胸料金

 

修正豊胸のための乳房再生豊胸溶液の種類 価格(税別)

乳房再生豊胸溶液4

(総量が200ml、片側なら100mlずつ注入できる)

340,000円

乳房再生豊胸溶液4-2

(総量が100ml、片側なら50mlずつ注入でき、成長因子濃度は乳腺再生豊胸溶液4と同じ)

230,000円

乳房再生豊胸溶液5

(総量が200ml、片側なら100mlずつ注入でき、成長因子濃度は乳腺再生豊胸溶液4より多い)

480,000円

乳房再生豊胸溶液5-2

(総量が200ml、片側なら100mlずつ注入でき、成長因子濃度は乳腺再生豊胸溶液4より多い)

350,000円

このほかに診察料、薬代、笑気吸入料(オプション)、麻酔クリーム塗布料(オプション)がかかります。

乳房修正に関しては保証はありません。注入量が片側50mlより少ない場合の価格はご相談ください。

 

乳房再生豊胸溶液4および5の調整

 お客様からヘパリン添加注射器に200ml採血し、血漿を分離する。国産の線維芽細胞成長因子(トラフェルミン®)溶液および国産の脂肪乳剤(イントラリポス®)をこの血漿に加えて乳房再生豊胸溶液を調整します。

 

施術

 笑気ガス吸入または麻酔クリーム塗布にて、鎮静または鎮痛をはかったうえでお客様の乳房皮下組織または乳腺後脂肪組織に22ゲージ注射針で乳房再生豊胸溶液を注入します。乳房再生豊胸溶液注入中は少なくとも動脈酸素分圧をモニターします。注入後15分から30分ベッド上で安静をはかる。止血を確認後、お客様に帰宅していただきます。

 

料金

 乳房再生豊胸溶液4を用いた場合:税別で初診料3,000円、乳房再生豊胸溶液4注射料金340,000円、麻酔クリームまたは笑気ガス吸入20,000円、トラネキサム酸(6錠/日、処方代も含む)90日分10,000円で計373,000円、税込み402,840円。

乳房再生豊胸溶液5を用いた場合:税別で初診料3,000円、乳房再生豊胸溶液5注射料金480,000円、麻酔クリームまたは笑気ガス吸入20,000円、トラネキサム酸(6錠/日、処方代も含む)90日分10,000円で計513,000円、税込み554,040円。

 

リスク

 ブラジャーサイズがAAカップ、Aカップでは乳房再生豊胸単独で豊胸するばあいブラジャーサイズAカップに豊胸するのに34回の乳房再生豊胸が必要で、施術費用が高価になります。ブラジャーサイズAAカップ、Aカップのかたはヒアルロン酸豊胸、アクア豊胸後に乳房再生豊胸を行うハイブリッド豊胸をお勧めします。ブラジャーサイズがAカップの方でブラジャーサイズが1カップ(2.5㎝)だけの豊胸を希望されるかたは乳房再生豊胸だけの豊胸とハイブリッド豊胸の場合では施術費用に大きな差はありません。しかし、ブラジャーサイズがAカップの方が2~3カップ以上の豊胸を希望される場合はハイブリッド豊胸をお勧めします。

 

施術を受けられない方

卵アレルギーのある方ではアナフラキシーショックで死亡する可能性がありますので施術を受けられません。食事制限で体重を減らしている方、過酷な労働、運動を行う方、明らかな心疾患、抗血小板剤、抗凝固剤を服用中の方、免疫抑制剤を服用中の方、腎疾患、肝疾患にかかっている方、血中アルブミンが低下している方、高度の高脂血症(中性脂肪が500mg/dl)、癌に罹患している方、高度な貧血の方、膠原病、感染症に罹患している方は乳房再生豊胸が受けられません。他に受けられない可能性の疾病がありますので、事前に医師にご相談ください。

 

副作用

乳房再生豊胸の副作用は、乳房の色素沈着や赤み、かゆみで10%前後の頻度でみられます。乳房の色素沈着やあかみに対してはトラネキサム酸、かゆみに対しては抗アレルギー剤の投与で対応しています。乳房再生豊胸ではトラフェルミン®を使用しますが、この薬剤に含まれるエデト酸によるアレルギーがあります。また、イントラリポスには大豆蛋白質は含まれていませんが、卵黄からの脂質が含まれ、アレルギーを起こすことが知られています。乳房再生豊胸時には薬剤アレルギー、卵アレルギーの問診を行い、乳房再生豊胸溶液注入時には血中酸素分圧を監視して行っています。今までに、乳房再生豊胸時にアレルギー反応を認めた症例はありません。乳房再生豊胸後に迷走神経反射と思われる胃の痛みや吐き気が1~数%の頻度で認められます。胃の痛みに対してはプロトンポンプインヒビター、吐き気に対してはドンペリドンが投与されます。乳房再生豊胸時の痛みの軽減に笑気ガス吸入が行われますが、副作用として吐き気が数%の頻度で出現します。

術後に投薬が行われることがありますが、その副作用として覚えておかなければならないものは薬疹です。薬疹がでると、かゆみや腫れが生じますから、かゆみや腫れがある場合はすぐに薬剤師か医師に相談してください。そのため処方された薬剤の履歴は整理して保存してください。

 

 

 

注入しすぎたアクアを吸引できるのは当クリニックだけ

 

 アクアによる豊胸を受けたあと乳房が硬く感じる場合や、乳房大きさ、形の左右差、左右の乳房の高低差を感じることがあります。これはアクアを注入しすぎている場合が多く、アクアを吸引することで解消できます。しかし、アクアの吸引は容易ではありません。脂肪吸引や生理食塩水による洗浄を行ってもアクアを体外に排出することが出来ません。アクアの吸引には特殊な機器が必要です。注入しすぎたアクアを吸引できるのはアクア吸引に必要な専用の機器を開発した”クリニックビューティーあいち”だけです。以下にアクア吸引をどのように行うかを説明します。

 アクア吸引器を乳腺後脂肪組織に挿入するためには図13A に示したように局所麻酔を施行し、皮膚切開を3㎜ほど加えます。この皮膚切開は図13Bに示すように皮膚割線やしわに沿って切開しますので術後に跡がのこることはありません。

 

 アクア吸引器を通す経路は皮下脂肪組織なので、局所麻酔が行われていれば無痛で、図14Aに示すように、アクアが入っている乳腺後脂肪組織までアクア吸引器を挿入することは容易です。図14Bにアクア吸引器とアクア、クーパー靭帯との関係を模式的に示します。アクアを吸引すると必然的にクーパー靭帯を損傷します。そのため、アクア吸引器はあまり動かさず、吸引器の先にアクアを追い込むように乳房外からアクアを圧迫します。また、アクア吸引器の先はあまり、胸骨近くまで移動させないような配慮が必要です。アクアをすこしずつ吸引し、胸の硬さを確かめ、十分に柔らかくなったらアクア吸引を終了します。アクア吸引の結果、必然的に出血を来たしますので、術後は脂肪吸引後の処置と同じように弾性テープで圧迫止血します。この圧迫は脂肪吸引と同じで1週間くらいは必要です。その後に必要なら乳房再生豊胸で修正豊胸を行います。

 

アクア吸引施術

手術では笑気ガス吸入後に針挿入部からアクティブゲルにいたる経路に麻酔を行います。その後、針挿入部の皮膚を3㎜~4㎜の皮膚割線に沿って切開します。皮膚割線に沿って切開された皮膚を適切に縫合すると皮膚の切開創の治癒後に切開の傷跡が残らないことが知られております。皮膚割線に沿って、3mmほど切開するので術後の切開創の跡は目立たなくなります。この皮膚切開部から直径3mm、脂肪吸引針を挿入します。この針は5㎝~10cmの皮下脂肪組織を経由して、その針先が乳腺の基底部、乳頭の真下のアクティブゲル内に到達させます。その経路に沿って吸引器を挿入しアクティブゲルを吸引します。皮膚割線に沿って切開された皮膚を5-0のPDSⅡで一針埋没縫合しますので、術後。抜糸の必要はありません。

料金

 費用は税別で初診料3,000円、アクティブゲル吸引は片側400,000円です。そのほかに税別で手術基本料金30,000円、笑気ガス吸入30,000円~60,000円、薬代4,500円が必要です。

リスク

 アクティブゲルアクティブゲルの吸引中、吸引後の出血があります。1週間乳房全体を弾性テープで固定し、出血を抑制します。

手術に伴う通常のリスクとして、出血、感染、手術部位の腫れがあります。感染に関しては私どものデータの施術例200例では感染が1例もありませんでした。グラム陽性球菌感染を抑制する必要がある場合では術後に通常使用する抗生物質以外に加えて、グラム陽性球菌が感受性をもつ抗生物質を投与します。またキシロカインアレルギーの既往がなくともキシロカインでアナフィラキシーショックになる可能性があります。また、局所麻酔薬を極量使用しなくても局所麻酔薬中毒が起こる可能性があります。これらのリスクに対して静脈路確保、血圧モニター、血中酸素飽和度モニター、心電計装着を術中に実施しております。 さらに、アクティブゲル吸引中には胸部を用手にて圧迫するためか、迷走神経反射が起こりやすくなります。心電計での徐脈、頻脈がみられます。徐脈は術中には経過観察できない場合があり、気管支喘息が合併している可能性がなければ硫酸アトロピン、気管支喘息も合併している可能性があればエピネフリンを投与します。頻脈はQT延長のために起きていることがおおく、経過観察だけで通常の脈拍に復帰する場合が多く、インデラルを使用することはほぼありませんが、そうした場合も想定してあります。

 

施術を受けられない方

キシロカインアレルギーのある方、卵アレルギーのある方ではアナフラキシーショックで死亡する可能性がありますので施術を受けられません。明らかな心疾患、抗血小板剤、抗凝固剤を服用中の方、免疫抑制剤を服用中の方、腎疾患、肝疾患にかかっている方、血中アルブミンが低下している方、高度な貧血の方、膠原病、感染症に罹患している方はアクア豊胸が受けられません。他に受けられない可能性の疾病がありますので、事前に医師にご相談ください。出血を避けるため1週間、胸部を弾性テープで固定しますのでこれができない方は施術を受けられません。過酷な労働、運動を行う方ではテープで皮膚がかぶれる可能性があります。

副作用

術中の痛みの軽減に笑気ガス吸入が行われますが、副作用として吐き気が数%の頻度で出現します。またアクティブゲルの留置のためか術後に迷走神経刺激によると思われる吐き気、嘔吐があります。吐き気、嘔吐に対してはドンペリドンやプリンペランが投与され、30分から1時間で症状は軽快します。術後に投薬が行われますが、その副作用として覚えておかなければならないものは薬疹です。薬疹がでると、かゆみや腫れが生じますから、かゆみや腫れがある場合はすぐに薬剤師か医師に相談してください。そのため処方された薬剤の履歴は整理して保存してください。

 

 

 以上簡単にシリコン豊胸、ヒアルロン酸豊胸、アクア豊胸での乳腺再生豊胸やアクア吸引を用いた修正豊胸を説明しましたが、お客様ご自身の場合に当てはめても判らないことが沢山あってもおかしくありません。他院で豊胸したけど満足しなかったのでなんとか治療したい、豊胸したいけど後遺症が心配。そんな悩みにクリニックビューティーあいちがお答えします。ご質問のメールをお待ちしております。